リアルドラフトのメリットとデメリット

リアルドラフトのメリットは、
外出先で高濃度水素水を作りたてで飲めるところ。

 

メンテナンスのことも気にするストレスがない。

 

外出時に空のペットボトルを持っていくだけなので
軽いのもいいかも。

 

スポーツ施設、温浴施設、オフィスなどで
ロッカーがあれば、専用ボトルをストックできるので
それこそ手ぶらもありなところですかね。

 

月額プランのある施設なら、
私の通うスポーツクラブのように飲み放題になるので
気兼ねなく、細目に、たっぷり水分補給ができます。

 

 

リアルドラフトのデメリットは、
使用頻度が高いと、水素濃度が低くなる可能性があること。

 

塩素やトリハロメタンなど汚染物資を取り除くフィルターに
水あかがたまり、水素発生器の機能を邪魔するので
水素濃度が常に一定ではないところでしょうか。

 

ということは、塩素やトリハロメタンの汚染物質の除去率も
多少は下がってくる時期もあるところに心配が生まれること。

 

水素濃度が減ると、活性酸素除去率も下がるのが困るかな。

 

そして、長時間携帯することには向かないこと。

アルミパウチとの違い

アルミパウチは、メリットがとても多いです。

 

水素が抜けにくいので、
「入れたものを、できるだけすぐ飲まないといけない」
というストレスがまずありません。

 

アルミパウチの水素濃度の実験については、
このサイトで、すごさをすでに紹介してあります。

 

自分で作ったりすると、
容器を洗ったりする手間や時間が必要ですが、
使い捨てなので、そんなストレスもなく衛生的です。

 

携帯にも便利で、
ペットボトルや缶ボトルと違うところは、
飲みかけでも真空状態にすることが可能なところです。

 

飲み口の部分がプラスチックだと、
抜けやすいという話もありますが、4層構造のアルミパウチで
ナノ水素水の場合は、朝開封して、寝る前に残っている分でも
高濃度を維持していましたので、心配はいらなかったです。

 

開封して3日経ってもそんなに変わらず、高濃度の維持が可能で
とても魅力的です。

 

そして、天然水使用という水の質もバッチリ!なところ。

 

デメリットは、サーバーよりはアルミパウチのコストがどうしても高め。

 

スポーツジムでは長時間運動するので1500ml以上は水分をとります。

 

一番コストが安く、
水素濃度が高いアルミパウチの水素水でも3本分を飲むのは、
贅沢すぎて気が引けてしまうところですかね。

関連ページ

リアルドラフトの水素濃度
水素水リアルドラフトの水素濃度はどれくらいか。 減り具合はどうかについて。