水素水とは?

そもそも水素水って何?
と、誰しも一度は思うことでしょう。

 

まずは、そこからですよね。

 

わかりやすく要約すると水素分子(H2)を溶かした水のことで、
無味、無臭、無色。

 

水素分子が水に溶けて水素イオンとなることはなく
活性水素水、還元水、アルカリイオン水とも違います。

 

水道水に水素分子を溶かしても水素水ですが、
選ぶなら天然水に溶かした水素水のほうがよいようです。

 

還元力

 

水素は宇宙一小さい分子で一番多く存在していてもっとも軽い分子。

 

60兆個あるという人間の細胞が正常な機能を果たせるよう
細胞の命を保つのになくてはならない基本分子。

 

酸化を防止する物質に
ビタミンCやビタミンA、他の抗酸化物質もあるのですが、
これらは脳細胞にだけは分子が大きすぎたり、
溶け込めないなどの理由から入れないため脳を酸化から守ることができません。

 

ですが、水素は分子が小さいので
脳を活性化させるための血液脳関門を通ることができるため
全身の細胞に入っていけるすごい分子なのです。

水素水ってどんな水?記事一覧

血液脳関門というのは、血管から脳細胞に入って良いものダメなものを検査する場所のこと。ここで、脳に有害なもが入らないよう侵入を防いでくれています。水素は水にも脂にも溶けちゃうので、入れない場所はなく細胞壁をすり抜け、細胞膜を通過し、細胞の核まで入っていけるので、全身すみずみ行きわたることが可能。水素だけでなく分子量が500以下のものや脂溶性で細胞膜を通過できる物質は通ることができます。たとえば、睡眠...

水素水の効果と効能のレベルは高いと言われているのは本当でした!水素水は奇跡の水=蘇りの水=アンチエイジング水=救世主効果効能があって、体が変わっていく人が多く、私も両親も効果を得ています。じつは、水素の医学的効用はすでに認められていて、身体のサビをとって新陳代謝や生理機能を促進する力があり、保湿力、自然治癒力を整えるため、保護と再生にも力があって、疲労に強い高濃度水素水は飲んで良し、ぬって良しなの...

水素水の飲み方は、こんな感じです。Q一日に飲む量はどれくらい?1日に何本という制限はなく、1日1本〜3本を目安に自分の体調に合わせて飲めばOKです。といっても、メーカーによっては1本の量が違うので成人の方は、1日500ml〜1100mlを目安に飲まれるとよいでしょう。Q効率的な水素水の飲み方は?悪玉活性酸素が体内で多く発生しているタイミングで水素水を飲むと一番効果的。そのタイミングとは就寝前、起床...

活性酸素とは、 簡単に説明すると生きていくために酸素を呼吸したとき、数%は必ず体が酸化します。このとき、細胞がエネルギーを作るために少なからず活性酸素が発生してしまうのです。ただ、活性酸素には、善玉活性酸素と悪玉活性酸素の2種類があります。善玉活性酸素は、必要な活性酸素で、細菌やウィルス、有害な化学物質などを排出する役割があり体を守る免疫作用を持つ大切な活性酸素です。問題視されているのは、悪玉活性...