活性酸素を簡単にわかりやすく説明

活性酸素とは、 簡単に説明すると

 

生きていくために酸素を呼吸したとき、数%は必ず体が酸化します。

 

このとき、細胞がエネルギーを作るために少なからず
活性酸素が発生してしまうのです。

 

ただ、活性酸素には、
善玉活性酸素と悪玉活性酸素の2種類があります。

 

 

善玉活性酸素は、必要な活性酸素で、
細菌やウィルス、有害な化学物質などを排出する役割があり
体を守る免疫作用を持つ大切な活性酸素です。

 

 

問題視されているのは、悪玉活性酸素のほうで、
活性酸素量が多いと、傷つけられる細胞も多くなり
ダメージの修復が追いつかなくなります。

 

すると、シミ・シワ・くすみ・ほくろ・イボなども増え、
ガンや動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、狭心症、不整脈、
アルツハイマーほか、重症疾患の発症率が上がってくることです。

 

酸化とはつまりサビることで、
過剰な活性酸素による酸化は老化・病気の進行を早めるのです。

 

現代の病気の90%以上は活性酸素が関わっているといいますので
健康で若々しく生きていくには、
活性酸素をできるだけ多く減らす必要があるということです。

 

よく、抗酸化作用の高いビタミンCは良いとされますが、
善玉も悪玉も関係なく取り除いてしまうというデメリットも。

 

それに比べて、
水素水には悪玉活性酸素だけを除去する作用があります。

活性酸素の除去とよみがえり

水素水は人間の60兆個以上の細胞1つ1つの核の中まで入り込み
元気のない細胞をピカピカに元気にさせる力があります。

 

核細胞は小さくて、ビタミンCなどは分子が大きくて入れませんが
水素は宇宙一小さい分子だから、どこへでも入っていけるのです。

 

たとえば、老化気味の卵子の中に入って元気にする力もあるため
不妊治療の分野では水素温浴が注目されています。

 

1個の細胞のサビから取っていく。

 

還元、わかがえり、よみがえり、再生、などと
いろいろな言われ方をされますが、同じ意味です。

 

ガンや動脈硬化、狭心症、不整脈、心筋梗塞、脳梗塞、だけでなく
更年期障害、糖尿病、高血圧、低血圧、低体温、シミやシワ、
二日酔い、疲労回復、歯周病、リウマチ、アレルギー、認知症、
パーキンソン病ほか、
様々な疾患の治療に役立つと医学分野で臨床結果も得られていて
さらなる期待がされています。

関連ページ

血液脳関門を通過できる水素のメリットって?
血液脳関門とは何か、水素が通過できることで得られるメリットは何かについて。
水素水の効能と効果はこんな感じ!
水素水の効能と効果について、体験談も含めて詳しくまとめています。
水素水の飲み方。より効率的なタイミングは?
水素水の飲み方で効率よく飲むためのタイミングについて。飲む量や飲み方について。