水素水の飲み方のコツ

水素水の飲み方は、こんな感じです。

 

Q一日に飲む量はどれくらい?

 

1日に何本という制限はなく、1日1本〜3本を目安に
自分の体調に合わせて飲めばOKです。

 

といっても、メーカーによっては1本の量が違うので
成人の方は、1日500ml〜1100mlを目安に飲まれるとよいでしょう。

 

Q効率的な水素水の飲み方は?

 

悪玉活性酸素が体内で多く発生しているタイミングで
水素水を飲むと一番効果的。

 

そのタイミングとは

 

就寝前、起床後、食後(食事中)運動前、運動後、入浴後、

 

ストレスを感じる時、イライラする時、痛みがある時、
疲れている時、ダルい時、疲労感がある時、飲酒後、喫煙後、
二日酔いの時、緊張後、残業中、怒った後など

 

焼酎やウイスキーなどの水割り用に、化粧水代わりに、
アレルギーの皮膚にぬる、傷んだ髪に、頭皮ケアに

 

Q一度に飲む量は?

 

コップ1杯(150ml〜200ml)の量を3回〜4回(500ml〜1100ml)
と分けて飲むのがよいです。

 

水素を体内にとりこんでからの持続効果は5時間程度
と言われています。

 

Q温めて飲んでもいいの?

 

水素水を加熱すると水素は放散してしまうので、
鍋に入れて沸騰させるなどの加熱はやめましょう。

 

ただ、湯をはったボウルなどに
パウチのまま湯せんして、ほどよく温めて飲むのは大丈夫です。
常温よりさらに柔らかく優しい味です。

 

Q凍らしてもいいですか?

 

パウチごと凍らすならOKです。
冷蔵庫で冷やして飲む場合、スッキリと喉ごし良く、
さわやかにのめる味です。

 

Q保存方法は?

 

開封前、開封後とも常温保存でOKです。
ただ、開封後は空気をしっかり抜いた真空状態にし
キャップをしっかりしめてください。

 

メーカーによって、開封後は24時間で飲みきる、
48時間で飲みきる、10日は大丈夫などさまざまです。

 

開封後の水素の残存率が気になる人は
開封後も水素が抜けにくいものを選ぶと解決しますね。

 

Q病気や妊娠中にのんでもいいか?

 

病気や妊娠中の方でも安心して飲むことができます。
ただ、生水が飲めない月齢の赤ちゃんや、
ドクターより1日の水分摂取量制限の指示がでている方は、
指示された1日の水分摂取量内で水素水をお召し上がりください。

関連ページ

血液脳関門を通過できる水素のメリットって?
血液脳関門とは何か、水素が通過できることで得られるメリットは何かについて。
水素水の効能と効果はこんな感じ!
水素水の効能と効果について、体験談も含めて詳しくまとめています。
活性酸素を簡単に説明すると!
悪いと言われている活性酸素とは何かについて。わかりやすいまとめ。