血液脳関門とは?

血液脳関門というのは、
血管から脳細胞に入って良いものダメなものを検査する場所のこと。
ここで、脳に有害なもが入らないよう侵入を防いでくれています。

 

血液脳関門

 

水素は水にも脂にも溶けちゃうので、入れない場所はなく
細胞壁をすり抜け、細胞膜を通過し、
細胞の核まで入っていけるので、全身すみずみ行きわたることが可能。

 

水素だけでなく分子量が500以下のものや
脂溶性で細胞膜を通過できる物質は通ることができます。

 

たとえば、睡眠薬や向精神薬、頭痛薬などの薬や化学物質も
分子量が小さいので通過することができます。

 

アルコールや麻薬は脂溶性なため、これも通過できます。

 

血液脳関門が正常でないと病気になる反面、
脳の病気の中でも難病指定とされているもので
治療が困難な理由に、この血液脳関門が関わっているのです。

 

抗がん剤などは血液脳関門を通過できないものがあるようです。

 

ということは、病気になる前の段階から水素水を飲んで
日頃から脳細胞もすみずみ掃除しておくことで、
酸化を防ぐだけでなく、
大きな病気の予防になり、リスクを減らせると思いませんか。

関連ページ

水素水の効能と効果はこんな感じ!
水素水の効能と効果について、体験談も含めて詳しくまとめています。
水素水の飲み方。より効率的なタイミングは?
水素水の飲み方で効率よく飲むためのタイミングについて。飲む量や飲み方について。
活性酸素を簡単に説明すると!
悪いと言われている活性酸素とは何かについて。わかりやすいまとめ。